6月:ヤマボウシ

DATE:2009年6月17日

お庭の植栽:失敗しない選び方

素敵なお庭.com 特集 お庭のプロもおすすめ! お庭の植栽12選

お庭のプロに教えてもらったおすすめの植栽を、毎月1本ずつご紹介していきます。2009年6月UP!

今月の木:ヤマボウシ(やまぼうし・山法師)

○ヤマボウシ(やまぼうし・山法師)の基本情報

木の名称:ヤマボウシ(別名:ヤマグワ)
分類:ミズキ科
種別:落葉高木
原産:日本、朝鮮半島、中国
人気度:★★★★☆
ヤマボウシの花言葉:友情
○お庭職人(エスティナスタッフ)のひとことアドバイス
近縁種のハナミズキと比べると、やや落ち着いた印象があります。白い花がかわいらしく、果実、紅葉と年に3回楽しめるので、庭木としてとても人気があります。
○ヤマボウシ(やまぼうし・山法師)の特徴は?
高さ:5~10m
好適環境:日当たりの良い場所、または半日陰の場所を好み、水はけの良い場所を好みます。
花びら(総苞)が美しい高木です。ハナミズキと似ていますが花びら(総苞)の先がとがっているところが特徴です。上を向いて咲く花は大きく成長しないと咲かないので、2階からでないと花が見えないこともあります。
○ヤマボウシ(やまぼうし・山法師)のお手入れは?
剪定をせずに自然樹形で育てるのが基本です。問題がなければ、枯れた枝や株元から勢いよく伸び出てくる枝を切る最小限の作業で充分です。地植えのものは一度根付いてしまうと水やりは必要ありません。鉢やコンテナ植えの場合、春~秋はたっぷり水を与えます。
お手入れの難易度:★★☆☆☆
○花が咲く? 実がなる?
花は5~6月に咲き、果実は9~10月頃に赤く熟します。
白い花を咲かせる基本種の他に「淡い紅色の花を咲かせるベニバナヤマボウシ」「白い花びらが4~6枚付くホワイト・ミヌマ」「咲き始めは黄色で徐々にクリーム色に変化するヒマラヤヤマボウシ」などがあります。夏の終わりから秋にかけて赤く熟す果実は食べられます。
○子供やペットが触れても大丈夫?
一般的には触れても問題ないとされています。
○ヤマボウシのおすすめの配置場所
家のシンボルツリーや庭木としても楽しめます。
○どんな庭によく似合う? なぜ?
モダンなお庭に良く合います。和風なお庭にも季節を感じることが出来るのでお勧めです。

エスティナスタイル

エスティナスタイルスマホサイト

緑あふれる開放的なリビング・ガーデン写真集「エスティナポケット」プレゼント

外構(エクステリア)専門サイト

素敵なお庭の物語 Story
毎週木曜更新 お庭ってどうやって作るの?
打ち合わせからお庭の完成まで、
素敵なお庭.netスタッフが
外構工事の現場を取材レポート!

提供:ESTINA
素敵なお庭ピックアップ
毎週木曜更新 休日の晴れの日が
わくわくする素敵なお庭・・・
自分の家なのに帰るたびに
眺めてしまう素敵なお庭・・・
そんなお庭をピックアップ紹介

提供:ESTINA
庭ごはん niwagohan
庭ごはんポータル
協力:ESTINA
お問い合わせ inquiry
エスティナクリエイターによる素敵なお庭相談 お庭相談お申込み
提供:ESTINA CREATORS