芝生と築山が織りなす表情豊かなナチュラルガーデン。前編

DATE:2013年8月20日
1年前に新築で家を購入したIさんご家族。お庭の広さは約100坪。駐車場やアプローチなど、最小限の外構は業者にお願いし、残りの部分は徐々に自分たちで作って行こうと考えていました。しかし、あまりの広さにシンボルツリーを1本植えたところで断念。ご家族の思い描いたお庭を形にする施工会社を探すことになりました。


シンボルツリーがそびえる広々としたお庭。どんな空間に仕上がるか楽しみです!


3ヶ月もの時間をかけて築いた信頼関係

写真手前のアプローチは雨などで水に濡れると滑りやすく、危ないと感じていたそう。

現在のお庭は、駐車場やアプローチなど、必要最小限のものだけがある状態。滑りやすいアプローチなどにも不満を感じていました。


施工会社を探し始めてから間もなくのこと。ポストに投函されたエスティナ豊橋のチラシを目にしたIさん。HPを見て、「ここならイメージ通りのお庭ができるかも」とカタログを請求し、お店に足を運んでみることにしました。

実は、現在のお庭に不安を抱え、外構工事をすることに慎重になっていたIさんご夫婦。何度も打ち合わせを繰り返し、たっぷりと時間をかけてプランを練ってくれたエスティナ豊橋の誠実な対応に心を打たれ、お庭の施工をお願することに決めました。

奥さまのご希望は、緑いっぱいのナチュラルガーデン。小さなお子さん2人が思いっきり遊べるスペースも欲しいとのこと。エスティナ豊橋の横田さんは、「かなり広いお庭だったので、グリーンを見たり植栽して楽しめるスペースと、お子さんたちが遊べるフリースペースの2つの空間を作るプランをご提案しました」。


高低差をつけてお庭を表情豊かに

初めての出会いから3ケ月かけて図面が完成。プランでは、お子さん達と遊べるウッドデッキとフリースペースを囲むように芝生広場が広がります。ポイントは、フェンス沿いに造られる築山。通常、広々としたスペースは、平面的でのっぺりとした印象になってしまうことがあります。そこで、空間の中で高低差をつけることで、お庭を表情豊かに見せる作戦です。芝生以外のスペースには白い砂利を敷き詰めます。白とグリーンのコントラストが美しいナチュラルガーデンに仕上がる予定です。

その他にも、お子さんを見守りながらのんびりできるタイル張りのベンチや高さを持たせた立水栓などのこだわりが満載。プランが決まり、いよいよ工事がスタートします。

次回は、少しずつ形になっていくお庭の様子をご紹介します!


素敵なお庭の物語の記事一覧

芝生と築山が織りなす表情豊かなナチュラルガーデンの記事一覧

エスティナスタイル

エスティナスタイルスマホサイト

緑あふれる開放的なリビング・ガーデン写真集「エスティナポケット」プレゼント

外構(エクステリア)専門サイト

素敵なお庭の物語 Story
毎週木曜更新 お庭ってどうやって作るの?
打ち合わせからお庭の完成まで、
素敵なお庭.netスタッフが
外構工事の現場を取材レポート!

提供:ESTINA
素敵なお庭ピックアップ
毎週木曜更新 休日の晴れの日が
わくわくする素敵なお庭・・・
自分の家なのに帰るたびに
眺めてしまう素敵なお庭・・・
そんなお庭をピックアップ紹介

提供:ESTINA
庭ごはん niwagohan
庭ごはんポータル
協力:ESTINA
お問い合わせ inquiry
エスティナクリエイターによる素敵なお庭相談 お庭相談お申込み
提供:ESTINA CREATORS