芝生と築山が織りなす表情豊かなナチュラルガーデン。後編

DATE:2013年10月24日
3ケ月もの時間をかけて、じっくりと仕上げた図面をいよいよIさんご家族のお庭が完成しました。リビングに隣接するウッドデッキとフリースペースを囲むようにして芝生広場が広がる緑いっぱいのガーデンです。


ゆったりくつろげる場所に仕上がったウッドデッキとフリースペース
ゆったりくつろげる場所に仕上がったウッドデッキ+フリースペース


大人も子どもも楽しめる、使い勝手抜群のフリースペース

リビングの延長として使えるウッドデッキはもちろん、コンクリートのフリースペースも様々な「遊び」に対応する便利な場所。土と違って、物を置いても汚れない上、水で洗い流せて掃除も楽々。お子さん達のプールを置いたり、バーベキューをしたり、テーブルとイスをセットしてお家カフェを楽しんだりと、楽しみ方は無限大です。

フリースペース奥には、景観を損ねないタイル張りのベンチも設置。ガラスブロックをあしらったタイルが外からの目線をさえぎります。


こちらは、アプローチからフリースペースへと続く小道。砂利敷きに、天然石が持つ豊かな表情を再現したユニソンのブロンテペイバーで小道を作っています。エスティナ豊橋の横山さんいわく「ブロンテペイバーはサイズやカラーが豊富。デザイン性が高く、枕木敷きとして使用した時の存在感が抜群です」とのこと。たしかにナチュラルな雰囲気を持ちながら、砂利敷きに良く映えます。

手前の既存のアプローチとも調和しています。


続いて、Iさんこだわりの立水栓を拝見しましょう。空間に変化を持たせるための塀に蛇口とボウルをセットしたオリジナル。奥さまがチョイスした鮮やかなブルーのボウルと真鍮の取っ手が存在感を放ちます。ガラスブロックを使って、圧迫感が出ないように工夫しました。

お庭の雰囲気にアンティーク調の取っ手がよく似合います。


今回、最初にご主人が植えたシンボルツリーに加え、新たにシマトネリコやエゴの木、カツラなどが植栽されました。常緑樹と落葉樹を組み合わせ、四季折々の風景が楽しめるようにしています。


平面と立体を絶妙のバランスで配置

お庭を横から眺めると、白い砂利敷きは平面、芝生は築山になっています。「このバランスが一番難しかった」と横山さん。目線を隠す塀や植栽などでも高低差をつけ、見事に広いお庭が表情豊かに仕上がりました。Iさんは「子ども達が元気に遊び回れる庭ができました。子どもを見ながらゆっくりとくつろげるベンチや使い勝手の良いフリースペースなど、子育て世代に嬉しいアイデアも気に入っています。」とにんまり。

外側の塀沿いに築山が施されています。
外側の塀沿いに築山が施されています。


お子さん達も、お庭で遊ぶのと楽しみにしているとのこと。
お庭で家族の楽しいひと時を過ごす時間がぐっと増えること間違いなしです。


素敵なお庭の物語の記事一覧

芝生と築山が織りなす表情豊かなナチュラルガーデンの記事一覧

エスティナスタイル

エスティナスタイルスマホサイト

緑あふれる開放的なリビング・ガーデン写真集「エスティナポケット」プレゼント

外構(エクステリア)専門サイト

素敵なお庭の物語 Story
毎週木曜更新 お庭ってどうやって作るの?
打ち合わせからお庭の完成まで、
素敵なお庭.netスタッフが
外構工事の現場を取材レポート!

提供:ESTINA
素敵なお庭ピックアップ
毎週木曜更新 休日の晴れの日が
わくわくする素敵なお庭・・・
自分の家なのに帰るたびに
眺めてしまう素敵なお庭・・・
そんなお庭をピックアップ紹介

提供:ESTINA
庭ごはん niwagohan
庭ごはんポータル
協力:ESTINA
お問い合わせ inquiry
エスティナクリエイターによる素敵なお庭相談 お庭相談お申込み
提供:ESTINA CREATORS